MENU

低金利のカードローンを比較

キャッシングで銀行カードローンに人気があるのは、やはり金利の低さですね。
銀行カードローンはメガバンクや都市銀行、信用金庫などほとんどの銀行がカードローンに参入していますので、とこで借りたらよいかを比較する事が重要になります。

 

金利を比較する

お金を借りる時、金利は特に大事な要素となります。
銀行のカードローンも、銀行によって金利に差がありますので、主だったカードローンを比較してみました。

 

  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)は年利1,99%〜7,99%
  • 融資限度額は最大で1,000万円、ソニー銀行カードローンは2,5%〜13,8%
  • 融資限度額は最大で800万円まで、りそな銀行カードローンは年利3,5%〜12,475%

融資限度額は最大で800万円まで、そのた都市銀行でも同じ程度の水準の銀行もあります。

 

どこの銀行カードローンがお得か

最低金利を見ると、一番有利なのは住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)は年利1,99%〜7,99%です。

 

しかし上で述べたように、これは限度額が最高額の1000万円の時に適用される金利で、ほとんどの方の場合、最高限度額が設定されることはまずないと言えますので、最低金利はあくまで目安程度に考えておきましょう。

 

通常は、低めの限度額(50万円以下)から利用を開始して、借入実績や返済実績を積み重ねることで、徐々に限度額がアップしていきます。

 

となると、実際の借入金利は借入限度額が最も低い場合に適用される金利(上限金利)、つまり最高金利になります。

 

この事から、金利を比較する場合は、上限金利で比較する事になりますが、住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)の年利7,99%が最も低いと言えます。

 

即日融資でお金を借りる

銀行カードローンは最高金利14%台というのが銀行カードローンの金利の標準のようです。

 

銀行カードローンの中には即日融資も可能カードローンがあり、三菱東京UFJ銀行カードローンは4,5%〜14,6%限度額は500万円まで、新生銀行カードローン「レイク」は4,5%〜18,0%と少し高めの金利になっていますので、少しでも金利を低く借りたいという事であれば、即日融資は避けた方が賢明です。