MENU

信販会社を比較

キャッシングは消費者金融や、銀行だけでなく、信販会社(クレジット会社)でもキャッシングが出来ます

 

信販会社とは

信販会社とは、平たく言えばクレジットカードを発行している会社、たとえば、JCBやVISAカードを発行している会社と言えばわかりやすいでしょう。

 

クレジットカードで買物をすると、利用者の代わりに商品やサービスの代金を支払い、後から利用者に請求するのが一般的ですが、それだけではありません。

 

多くの信販会社がクレジットカード事業以外にも、マイカーローンやエステのローンなどの目的別ローンを取り扱っています。

 

たとえば、マイカーローンは車を購入する時に利用者に代わって本体費用や登録費用をディーラーに支払い、利用者は信販会社に分割で料金を支払っていくことになります。

 

基本的には、支払いが完了するまでは、車の所有権は信販会社やディーラーとなります。
さらに、最近では消費者金融や銀行が取り扱っているような個人向けのカードローンを取り扱う信販会社が増えてきました。

 

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードにはショッピング機能以外に、キャッシングの機能が付いています。
このサービスは、初回の申込時に、キャッシング枠を申請することでつけることができる機能です。

 

キャッシング枠は、決められた利用限度額の中でお金を借りることができる枠のことで、ショッピングで利用できる枠とキャッシング枠は別枠です。

 

クレジットカードのキャッシング枠は大きな金額を借りることはできませんが、初回に申込を済ませていれば、いつでも審査なしで利用できるので、大変便利です。

 

信販会社のカードローン

カードローンといえば商社金融や銀行、というイメージですが、実は信販会社もカードローン事業を行っています。しかも消費者金融や銀行と同じく、即日融資が可能な商品まであるのです。

 

おもなカードローンをまとめてみると
三井住友カード ゴールドローン3,5%〜9,8%やセゾンカードローン6,47%〜15,0%、オリックスVIPカードローン年利3,0%〜16,8%など銀行カードローンと比較しても負けていない金利のカードローンもあります。

 

なので、少額利用の時はクレジットカードで、多くを借りたい時はカードローンでと、同じ信販会社で両方作るのも一つの利用の仕方と言えます。