MENU

専業主婦のキャッシングを比較

2010年6月に完全施行になった「総量規制」によって、主婦のキャッシング事情が大きく変わり、大きく分けて次の3つに別れました。

  1. 収入がなく配偶者の同意も得られない主婦
  2. 収入はないが配偶者の同意は得られる主婦
  3. 収入がある主婦

これらのパターンで融資が可能かどうかを比較してみました。

 

収入がなく配偶者の同意も得られない主婦

この場合は、総量規制対象外の銀行カードローンを申込む方法があります。
貸金業法の総量規制で「融資限度額は年収の3分の1を超えてはいけない」と定めており、総量規制は貸金業者に適用される法律(貸金業法)なので、銀行は対象外です。

 

ということは、収入のない専業主婦であっても銀行からならお金を借りることができます。
ただし、どこでも申込が出来るというわけではないので注意が必要です。

 

基本的に銀行カードローンも本人に収入が有ることが前提ですが、銀行ごとに独自の貸し出し条件があり、無収入の専業主婦でも配偶者に年収が有れば融資が可能なカードローンがあります。

 

たとえば、みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、イオン銀行カードローンなど、数多くの銀行で融資が可能なので、金利などを比較検討する事ができます。

 

収入はないが配偶者の同意は得られる主婦

については、「配偶者貸付」を取り入れている消費者金融なら融資が受けられますが、大手消費者金融のほとんどが申込者に収入が有る事が前提になっているので、実際のところはキャッシングの申込は難しいと言えます。

 

消費者金融の中でも、テレビCMなどで知られている大手消費者金融以外にも、中堅消費者金融が存在しますので、そちらも併せて比較すれば融資が可能な消費者金融が見つけられます。

 

中堅でよく名前が知られているのは「レディースフタバ」レディースキャッシング「エレガンス」「ベルーナノーティス」などがあります。

 

収入がある主婦

パートやアルバイトで収入を得ている主婦の方であれば、消費者金融でも銀行カードローンでも安心して申込が出来ます。

 

年収が有ればどこへでも申込が可能なので、金利を比較したり、借り易さを検討したりして自分に適したキャッシング会社を見つけましょう。