MENU

キャッシングを始める前に、どこで契約するのがよいのかを検討しなくてはなりません。

 

キャッシングサービスの内容はそれぞれの業者によってまちまちなので、複数のキャッシングサービスを比較して、自分にとって最も条件のよいキャッシング会社を選ぶことがポイントです。

 

 

キャッシングは一度契約をしてしまうと、借りたお金の完済をしても、契約解除の申請をしない限り契約がずっと続きますし、それを知らずに他の業者へ申込をすると多重債務に陥る危険性もあります。

 

そのためにも、じっくりと時間をかけてキャッシング会社を選ぶ事が重要です。

 

金利を比較してみる

キャッシングを利用する時、最も重要になるのがずばり金利です。

 

キャッシングの金利は、たとえばSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」は年率4.5%〜17.8%、三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」なら年率4.7%〜18%と、同じ消費者金融でも違いがあります。

 

できることならば低金利でお金を借りたいと誰もが思いますが、ではどうすれば低い金利で融資が受けられるのでしょうか。

 

一般的に消費者金融でも銀行カードローンでも同じで、新規で借入れをした場合は、上限金利が適用されます。つまりプロミスなら年利17.8%、アコムなら18%の金利が適用されると思って間違いないでしょう。

 

しかし、継続して借入れや完済を繰り返すと、優良顧客だと認められて、金利を低くしてもらえるようになります低い金利で借りたいという場合は定期的にキャッシングを利用するといいでしょう。

 

また、金利を低く借りるためには銀行カードローンが有利です。
消費者金融と比べて10%も安い金利で借りられる銀行カードローンもありますが、金利は低くなるほど審査が厳しくなるので、どの程度の金利なら納得できるかを調べる必要があります。

 

借りやすさで比較する

キャッシング業者の中でも借りやすさを考えると消費者金融になります。
大手消費者金融は「借入前診断」などが用意されており、事前に融資が可能かどうかの診断を数秒で判断してくれます。

 

ただし、あくまで仮審査なので、その後の本審査に通過する必要がありますが、申込をしなくても融資可能かどうかが調べられるので、便利なサービスであることには間違いありません。
特に即日融資を受けたい時は、早い段階で審査に通るかどうかが重要なので、このようなサービスが利用できれば安心です。

 

金利以外のサービスを比較する

キャッシング会社の中には、一定期間、無利息で借りられるサービスを行っているところがあります。無利息機関の間で返済すれば、実質的な金利は不要になります。

 

代表的な無利息サービスを実施しているキャッシング会社は、「プロミス」は借入時から30日間「アコム」は契約から30日間「ノーローン」は完済すると翌月から7日間「レイク」は30日間と180日間といった無利息期間が利用できます。

 

プロミスの無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

アコムは契約時から30日間、プロミスは借入時から30日間と同じようですが開始日が違っています。

 

ノーローンは無利息の期間が7日と短期間ですが、完済すれば何度でも利用できるというメリットがあります。

 

レイクは全借入額のうち5万円以内は180日間、200万円以下は30日間どちらかの無利息期間が利用できます

 

  1. 少額で長期間の借入する時は「レイク」
  2. 繰り返し利用する場合「はノーローン」
  3. 「1回だけの利用でいいという場合は「アコム」

といったように、利用目的に応じて比較出来ます。

 

おまとめローンを比較してみる

複数社の借入を一本化する時に便利なのが「おまとめローン」です。
おまとめローンが利用できれば、複数ある返済日を一日にまとめられる、金利が少なくなり、総返済額を減らす事も可能です。

 

数あるおまとめローンの中でも特に低金利と評判なのが、アイフルの「かりかえMAX」です。
実質年利は固定12%と消費者金融の間でも金利が低く、他業者で借りるよりもお得です。

 

銀行のおまとめローンよりも借りやすく、それでいて一部の銀行が提供しているおまとめローンよりも低い金利なのでおすすめで、複数の債務を抱えている人にとっては非常に力強い味方といえます。

 

返済方法を比較する

返済方法には大きく分けて元利均等返済と元金均等返済があります。

 

元利均等返済は、元金と利息を合わせた毎月の返済額を一定にして、その割合を徐々に変えていくというものです。

 

最初の支払いは利息の支払いが多くなりますが、支払いを続けるにしたがって元金の支払いが増えていきます。

 

元金均等返済は元金を返済期間で均等に割り、その上に元金の残高に応じて利息を上乗せしていくというものです。最初のうちは利息が多いので返済額が多く、返済が進むにしたがって少なくなっていきます。

 

両者を比較した場合、返済計画が立てやすいのは元利均等返済です。
元利均等方式は返済の返済額が変わりません。

 

一方、元金均等返済は最初の支払いが多くなる事がデメリットといえます。

 

ただ、最終的な支払額が少なくて済むのは元金均等返済のほうで、元利均等返済は最初のうちは利息の支払いが大部分となるため、なかなか元金が減っていきませんが、元金均等返済ならば毎月一定のペースで元金を減らせます。

 

どちらを選んでも無理なく返済できそうだという場合は、基本的に元金均等返済が可能なカードローンがおすすめです。

 

 

このように比較する項目は数多くありますが、一番大切なのは、自分にとっていかに利用しやすいかがポイントで、金利、借りやすさ、無利息期間などから総合的な判断をすることが大切です。